◆『パノラマmemo』って何ができるの?


紹介動画をご覧ください


【見える】必要な時、すぐに現場が見られます
古い図面や、カメラで撮影した写真を見ながら悩む…そんな経験ありませんか?
図面に書かれている内容が、本当に最新なのかわからない…そんな経験ありませんか?

パノラマmemoがあれば、現場は見たい時に直ぐ見られます。


【見れる】見えにくい場所も見れます
・天井裏なら、点検口はもちろん、照明を取り外した小さな穴からも撮影可能です。
・現場調査なら、時間・入室制限・移動時間を考えず、いつでも現場が見られます。
・入りにくい地下ピット、普通の写真撮影では「この写真はどの部分?」と悩みますよね?パノラマなら現在地・方角もすぐわかります。


【書ける・保存できる】コメントや資料を空間に
パノラマ空間内には、設備・什器・配管・壁などの各種建築要素が映り込んでいます。
パノラマmemoでは、ここに書き込みができます。

今まで「パソコン内のデータ」や「書棚に入った台帳」として管理していたマニュアル・部材・見積書・管理履歴などを、実際の設備に貼り付けられるようになります。
引継ぎが無くとも、誰でもわかる情報管理の完成です!


【共有できる】関係者間の連携
多くの関係者が「建物に関わる業務」を行っている
⇒だから、建物情報の整理・共有が大変

パノラマmemoなら、現場空間や情報は、複数の関係者で共有する事が出来ます。
遠隔地からでもアクセス可能な為、複数視点管理・顧客管理・遠くの現場対応も簡単。


【使える】誰でも使えるから役立つ
関係者の半数が使えないシステムでは、業務は回りません。
多くの教育・アフターサポートが必要なシステムは、余分なコストがかかります。

中央監視室の1人に紹介しただけなのに、気づいたらメンバー全員が活用していた(実話)
これがパノラマmemoです。

利用方法の検討、ルール作り、システムの使い方教育…の前に「とりあえず使ってみる」というアプローチも是非ご検討下さい。


◆機能概要
 ・パノラマ写真の取り込み、図面の取り込み、図面上への写真配置・方角調整
 ・空間へのコメント・写真・データ貼り付け
 ・ユーザ管理(ID/パスワード発行、書き込み・閲覧権限の設定)
 ・維持管理・中期修繕計画向け機能(随時開発中)

◆システム要件

クライアント
(Windows)
対応Webブラウザ: Microsoft Internet Explorer11
Google Chrome6x(※Chromeのベータ版・評価版・開発版は除く)
CPU: Core2Duo以上(推奨:Core i3以上)
モニター: 解像度1366×768以上(推奨:1920×1080以上)
※タッチパネルでの動作は、機器により対応していないケースがあります。事前にご確認ください。
クライアント(iOS) OS: iOS11/10
対応Webブラウザ: safari、Google Chrome
iPad Pro推奨
※旧機種では、事前の動作確認を行ってください
※iPad,iPad2,iPadMini(初代)は、画面解像度不足のため、一部ボタン操作が困難なケースが確認されています
補足事項 最新の動作要件や、macOSやAndroid、および各種スマートフォンでの動作については、安井ファシリティーズまでお問合せ下さい。
※ iPhoneなど、画面の小さいスマートフォンでは動作した場合でも操作しづらい事があります。
※データ通信量に制限のある「モバイル端末」や「モバイルルータ」をご利用の場合は、パノラマmemoの設定を「低画質モード」に切り替えてのご利用を推奨します。
サーバ 本システムは安井ファシリティーズが管理・運営するクラウドサーバでのご提供となります。
お客様のご要望に合わせ「独自クラウド」「社内用サーバ(オンプレミス)」「ノートPC」などでのご提供も行っていますので、ご相談ください。