[システム開発]次期バージョンの開発・検証

現在パノラマmemoの、次期バージョンの設計開発を進めています。
コミュニケーション・情報整理に関する機能を充実させていますが、そこには以下のような悩みも

「機能が2倍に増えました!ボタンの数も2倍に増えました!使いやすさが半分になりました・・・
では、なんの意味もありません。
100人中50人しか使えないようなシステムでは、現場の皆様でご迷惑をおかけするばかりです。

現在お使い頂いている設計・施工・維持管理・ビルオーナの皆様にお話を伺い「これなら使ってやってもええぞ!てか、早く使わせろ」と背中をたたかれるようなシステムに仕上げるべく、現場と社内を行き来する日々です。

すこし思い出話になりますが・・・
都内某所の中央監視室にパノラマ紹介で伺った際、50代後半のお客様から「パソコンやらタブレットを使ったハイカラなモンは、ワシには使えんぞ」といわれた物の、5分後には「こりゃええわ、全員に使わせるわい!」と言って頂きました。
(今でも現場メンバーの皆様の手元にタブレットを置いて、お使い頂いています。)

あの時の気持ちを忘れず、精進します。